赤ちゃん 歯磨き いつから

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたらいいの?

赤ちゃんの歯は、一般的には生後3ヶ月から生後9ヶ月ころに生えてくるといわれています。

 

歯が生えはじめたら歯みがきをはじめるということになりますが、実際は、1才までに歯みがきが十分でなかったからといって、虫歯になるというケースはありません。

 

とはいっても、放置しておくわけにはいかないので、最初の歯が生えはじた頃から、口にふれる練習もかねて、食後は濡らしたガーゼで歯をふいたり、乳児用の歯ブラシで歯のケアをしていきましょう。

 

上下の前歯がでてくる1歳半ごろになると、離乳食もスタートしているので、歯に汚れもたまりやすくなります。

 

この時期から、歯ブラシ磨きをしていきましょう。

 

歯の生え始めの頃は、いろんなものをなめるのが盛んな時期なので、歯ブラシを口に入れても平気な子もいますが、イヤがる子もいます。

 

歯ブラシに慣れさせる意味でも、食べたら歯ブラシを持たせる、口にくわえさせてみるなどして、徐々に歯みがきを習慣づけていくといいですね。


虫歯は、人から人へうつる「感染症」

 

歯が生えはじめて心配になるのが、虫歯のこと。

 

生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はいません。

 

ましてや、虫歯で生まれてくる赤ちゃんもいません。

 

2歳くらいまでの小さな子には、虫歯や歯周病の元となる定着した細菌は口の中にはいないと言われています。

 

しかし、なぜ虫歯になる子がいるかというと、周りの大人から細菌をうつされているからなんです。

 

 

虫歯は、人から人にうつる感染症です

 

 


一生の虫歯リスクが2歳半までに決まってしまう事実!ママは知ってましたか?

 

虫歯菌に感染しやすい時期は生後1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月の間と言われています。

 

おっぱいやミルクから卒業して、離乳食を始めスプーンを使い始めるときです。

 

その間でママやパパ、おじいちゃん、おばあちゃんが熱いからとフーフーした食事を与えるところから虫歯菌が移っていきます。

 

その時期に虫歯菌が入ってしまう子どもは虫歯になる確率が高くなります。

 

 

 

逆に、この時期に、虫歯菌が入らなかった子どもは、虫歯になる確率がぐっと低くなります。

 

この時期のあとに虫歯菌が入ってきたとしても、虫歯には、なりにくくなります。

 

 

移るとしても、虫歯菌の移る時期がものすごく重要なのです。

 

どうしてかというと、虫歯菌が移るのが遅くなればなるほど、虫歯にはなりにくいのです。

 

 


虫歯体質は2歳半までに決定してしまい、その後一生変化する事はないということ。

 

 

年齢の早い時期に虫歯菌に感染してしまった子どもほど虫歯体質のリスクが高くなってしまいます。

 

 

 

とは言っても、ママも忙しいですし、おじいちゃんやおばあちゃんは言っても利かない場合もありますよね。

 

2歳半まで十分気をつけるとは思いますが、現実的に無理なところもあると思います。

 

そんな時には,虫歯菌を予防してくれる唯一の歯磨き粉「ブリアン」を使っておけばママの気も楽になるのではないでしょうか。

 

子どもの虫歯予防はブリアンで!

虫歯予防ができるブリアンは、子どもの乳歯や永久歯を虫歯菌から守る歯磨き粉です。

 

 

子どもの歯磨き粉の満足度第1位を獲得したブリアンの特徴は、

 

世界初の虫歯予防成分が配合し無添加、しかも国産なので、子供に安心して使用する事ができます。

 

 

多数のメディアにも掲載されているブリアンは口コミでも評判が良く、

 

子どもの好みに配慮したイチゴヨーグルト味でしっかりと虫歯の予防を行いながらブラッシングする事ができます。

 

 

 

虫歯菌や虫歯が好きな餌の元となる歯垢を除去する事ができるブリアンの歯磨き粉は、

 

うがいがまだできない子どもでも使うことができます。

 

 

 

水でゆすがなくても大丈夫なので、年齢に関係なく、

 

歯が生えはじめた1歳未満の小さいうちから虫歯予防を行う事ができます。

 

 

成分の優しさにこだわったブリアンの歯磨き粉は、殺菌剤や発泡剤や界面活性剤などは不使用なので、

 

子どもに優しい成分で安全性が高く安心して使用する事ができます。

 

 

ブリアンは、子どもたちの大好きなイチゴヨーグルト味で美味しく、楽しい歯磨きタイムを行うことで虫歯予防ができます。

 

 

普通の歯磨きでは虫歯の予防は難しいですが、
ブリアンは虫歯予防成分を配合しているので虫歯菌を除去しながら、虫歯になりにくい口内環境を作る事が期待できます。

 


ブリアンの効果とは?

ブリアンは国内で商品化がほとんどされていない「BLIS M18」が配合された

 

子ども用歯磨き粉ですが、新聞にその事が取り上げられていたり、

 

各メディアでも紹介される事が多いので、

 

子どもの虫歯が気になるというママに爆発的に人気のある歯磨き粉です。

 

 

 

 

 

 

子どもの虫歯がなくならない理由は

 

  1. 市販の歯磨き粉では100%虫歯菌を取り除けない
  2. 発泡剤などの成分により泡がたつ影響で磨き残しが増える
  3. フッ素コーティングだけでは虫歯は防げない

 

  の3つが大きな原因だと言われています。

 

 

 

そのため、子どもの虫歯を防ぐ最善の予防法は虫歯ができない口内環境に整える事が大切だと言われていて、
その虫歯予防に効果的なのがブリアンに含まれている「BLIS M18」という虫歯予防成分なのです。

 

 

この虫歯予防成分は、虫歯になりにくい子ども達から発見された成分であり、虫歯菌のみならず虫歯菌が好む歯垢も取り除く働きがある事が分かっています。

 

 

また、この虫歯予防成分は粒子が非常に細かいため、ブラッシングが行き届きにくい部分の歯垢除去もカバーして虫歯予防ができるのです。

 

◎ブリアンのすごいところ◎

 

ブリアンは、日本で初めて虫歯菌除去成分『BLIS M18』を採用した子供用の歯磨き粉です。
最大の特徴は、虫歯にならない子供達の研究から発見された成分『BLIS M18』により、 虫歯菌を口中から除去していくこと。
2才半までに虫歯菌がお口に入らなければ、虫歯にならないと言われていますが、 虫歯菌除去成分『BLIS M18』で歯を磨く事で、一度虫歯菌がお口に入ってしまったお子様でも 虫歯になりづらい口内環境を作ることができます。

 

 

ブリアンは、こんな方におすすめ!

親の虫歯菌が移っていないか心配
そもそも歯磨きのやり方がわからない
子ども虫歯に親として責任を感じる

ブリアンの実際の口コミ

【悪い口コミ】

子供用歯磨き粉としては、値段が高すぎる!
もっと安かったらいいのに。

いつもペースト状の子供歯磨き粉を使っていたので、粉は初めてでした。
少し使いづらい感じがします。

 

【良い口コミ】

意外とブリアンの方がお得でした♪
最初、歯磨き粉にしては「高いなぁ?」と思っていたのですが、虫歯の治療や歯医者に連れていく時間と労力、また、帰りに子供に買わされるオモチャの事を考えると、意外とブリアンの方がお得でした。

親としての責任を果たせた気がします。
以前、雑誌か何かで「子供の虫歯は親の責任」という言葉をきき、既に虫歯になってしまった我が子をみてショックを受けた事を覚えています。でもブリアンにかえてから、虫歯ができなくなったので、なんとか親としての責任を果たしてあげられた気がします。

「綺麗な歯ですね!」と歯医者さんに褒められました。
うちの子は、兄弟ともに今までに一度も虫歯になったことはないのですが、これからも虫歯にならないようにブリアンを使っています。最近、下の子の3歳の定期検診で歯医者さんに行った時に「綺麗な歯ですね!」と褒められてしまいました(^ ^)

3兄弟全員に使わせています!
うちには元気な男の子が3人もいるので、1人1人をしっかり仕上げ磨きしてあげる事が出来ませんでした。なので、全員にブリアンを使わせ虫歯予防をしています。ブリアンなら多少磨き残しがあっても、虫歯菌や歯垢を予防してくれるので、本当に助かっています(^ ^)

始めて正しい歯磨きの方法がわかりました。
ブリアンにお申し込みした際に一緒についてきた、歯磨きの方法のパンフレットが私にとっては一番助かりました。始めて正しい歯磨きの方法がわかったので、ブリアンと合わせて娘の虫歯を防いであげたいと思います。

義母にとやかく言われることがなくなりました。
息子が虫歯になってから、義母に「歯みがきはしてあげてるの?」と事あるごとに言われていましたが、「ブリアンを使っているので大丈夫です!」と説明したら、それ以来、とやかく言われることがなくなりました!

虫歯ゼロの紙がこんなに嬉しいなんて!
先日、小学校で歯科検診があったのですが、本当に久しぶりに虫歯ゼロの紙を娘がもらってきました!ただの紙なのにこんなにも嬉しいなんて思いませんでした!

 

自分が子供の頃に虫歯治療で辛い思いをしたから、娘には最初から虫歯にならないような対策をしてあげたいと思っていました。

 

歯科医でフッ素を塗ってもらうという方法もあるみたいですが、家庭でも手軽にできる虫歯予防といえばやっぱり歯みがきですから、今話題のブリアンを使ってみようと詳細を調べてみました。

 

こういう時、参考になるのはやはり実際に使ってみたという方の口コミですよね。

 

ブリアンの購入者の口コミを見てみると、良い口コミだけではなく、もちろんと言うかやっぱり悪い口コミもありました。

 

良い口コミでは、虫歯菌を確実に退治できるのが良いということや、フッ素を塗布しに歯科医に行かなくても良くなった等、私が望んでいるような効果があるので嬉しくなりました。

 

 

対して悪い口コミですが、歯みがきとしては金額が高いということでした。
しかしこれは考えようによっては高くはないと思います。

 

フッ素塗布などの虫歯予防で歯科医に行く手間を省くことができ、虫歯になった時の治療にかかるお金と手間と時間を考えれば、予防だとしてもこの金額なら納得できると私は考えました。

 

安く購入できる方法もあるようだし、返金保証もあるので気軽に試すことができるとありました。

 

それで、私もブリアンを使ってみようと、さっそく注文したところです。

 

 

 

▼▼▼虫歯に振り回されたくないならブリアンこちら▼▼▼

http://kodomohamigaki.com/brian/

 

ブリアンは高価だけど使う価値ある?

今、市販の1,000円以下の安価な歯磨き粉を使用して虫歯対策は万全だと思いますか?

 

もし、不十分の思われるなら、高価ですが、質・満足度の高いブリアンをお試ししても良いのではないでしょうか?

 

 

 

【ブリアンのお試し方法】

 

ブリアン歯磨き粉は、2コースから選ぶ事ができます。

 

@単品コース:7,800円+600円(送料)+300円(代引き手数料)+消費税=9,135円

 

A定期コース:3,919円(初回)+消費税=4,115円

 

 


一番安く手に入れるなら「A定期コース」がおすすめです。
送料無料、代引き手数料無料、しかも定価より約49%offでお得です。

さらに、子どもにブリアンが合わなければ返品ができる
「60日間返金保証付き」(開封後返品OK)で安心して利用できますよ。

 

 

 

▼▼▼使ってみて子供がイヤがったら開封後も返品できるので安心して使用できます▼▼▼

 

 

 

[毎日歯磨きをしていたのに虫歯になってしまった体験談]

3才になる息子がいます。
私は一度も虫歯になった事が歯医者に行っても治療を今までした事がありません。
子供にも綺麗な歯のままで過ごさせてあげたい一心で歯磨きは欠かしたことがありませんでした。

 

子供がきちんと磨く事が出来ない間の虫歯は、親の責任だと思って対応していました。

 

しかし、私の磨き方がもしかしたら子供の歯にとっては雑だったのかもしれません。
一個の歯を磨くように小さくブラッシングをできていませんでした。
毎日歯磨きは欠かさず、10分程時間を掛けてしていましたが、ブラッシングの内容が甘かったか虫歯になってしまいました。

 

お菓子にも気を配っています。飴は長時間、口の中が糖分になるので与えていません。
誰かに貰った時に食べる程度で上げた事はありません。チョコレートの塊も上げた事はありません。
ここまで気を遣っていても虫歯になったので、歯磨きの仕方が原因だと思います。
30代 りえママ

 

 

りえママの実際の体験ばなしです。 

 

管理人からみても、しっかり子供の虫歯ケアをされていると思いますが、それでも、
3歳のときに虫歯になってしまったようで、とてもつらい思いをされているようです。

 

子どもの虫歯は親の責任ど考え、どんなに気を遣って歯ブラシしていても、子どもの中には、虫歯になりやすい体質の子もいます。

 

特に子どものうちは、歯医者さんが苦手な子どもが多く、騒ぎ出したり、暴れ出す子どももたくさんいます。

 

 

虫歯治療の苦痛を考えますと、虫歯菌が入るリスクの高い1才から2才の間は、ブリアンでしっかり予防したほうが良いと強く思っています。

 

 

       ▼▼▼虫歯体質になるかどうかは2歳半までに決まります▼▼▼